2024年7月20日

https://www.youtube.com/watch?v=FPkuo8-wMZg

2020年、さまざまな分野でイベントの中止が相次ぎ、保育者の学びの場も失われる中で開催した『保育Webセミナー』。今回は、言語聴覚士として長年児童発達支援に携わってきた原 哲也さんによる特別講座の模様をお送りします。

発達障害の子どもや、いわゆる「気になる子」など、さまざまな特性を持った子どもたち。保育者としてきちんと関わっていくためには、まず正しい理解が必要です。

そもそも発達障害とは何か?発達支援とは何か?グレーゾーンとは? 一つひとつステップを踏みながら、子どもたちとの関わり方のベースとなる知識を学びましょう。

今回は、保育者向けのセミナー経験も豊富な原 哲也さんによる講座の模様をお送りします。課題感を持っている方はぜひご覧ください!

【プロフィール】
原 哲也(はらてつや)
言語聴覚士・社会福祉士 一般社団法人WAKUWAKU PROJECT JAPAN代表理事。児童発達支援事業所「WAKUWAKUすたじお」代表。1966年生まれ、千葉県出身。大学卒業後にカナダの障害者グループホーム勤務、東京の障害者施設職員勤務を経て、29歳から小児障害児リハビリテーション専門職として、長野県の病院や市区町で発達相談や障害児の巡回相談業務に…

 278 total views,  4 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です