2024年6月20日

すぐキレない子にするためには、まず親がすぐキレるのをやめましょう。

親がキレる見本を見せていると、モデリング効果が働いて子どもも真似してキレるようになるからです。

子どもが叩いたりしたときは「どうしたの?」と事情を聞きましょう。

そして、もし「玩具とられたんだもん」と言ったら「嫌だったね」と共感してあげてください。
それから、「これからは叩かないで言葉で伝えようね。」と諭すようにします。

さらに、実際に気持ちを言葉にして伝える練習をするといいですね。
例えば「それぼくのだよ」「ぼくのをとらないで」「ちょっと待ってね」などです。

また、どうしても言えそうにない子には「困った時は叩かないでママに言ってね」「先生に言ってね」と教えておきましょう。

●親力チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCUc4c_WHLviAYl-CBrCiWpw/videos

●ツイッター・・大切なことを親野智可等がリマインドします

●メルマガ登録・・子育てと教育の情報を確実にお届けします
http://www.mag2.com/m/0000119482.html

●ブログ「親力講座」・・子育てと教育のノウハウが満載。知りたいことはブログ内検索…

 256 total views,  2 views today

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です